株式会社東京衡機試験機
L型擁壁強度試験機 CL-600P PDF プリント メール

L型擁壁強度試験機 CL-600P
L型擁壁専用に水平方向のラム・シリンダーを有する試験機


道路用および宅地用ハイタッチウォールのL型擁壁強度試験機です。本体フレームは擁壁の底辺部をフレーム支柱の内側に入れることで省空間を実現。

クロスヘッドは電動昇降式で試験時にロックするなどの繁雑な作業が不要で、供試体の固定はフロア面のT溝にチャンネルを介しボルトで簡単にセットできます。
負荷シリンダは油圧複動型で、摩擦抵抗が少なく安定した精度が得られ、リターンもバルブ操作でスムーズに行えます。
負荷ヘッドはフロア面近くまで移動できますので小型擁壁試験にも適応可能になっています。

最高負荷力を置針式で表示するP型の動力計を採用しています。
オプションとして電動式と手動式の2タイプの搬送台車を用意。安全で確実な試験体の移動が行えます。

ひょう量600 kN
ひょう量切換600, 300, 150, 60 kN
最小表示試験力1000, 500, 250, 100 N
擁壁寸法3,000 mm
シリンダストローク150 mm
負荷点移動量330~2,300 mm
クロスヘッド移動速度250 mm/min
擁壁の固定ボルトによる固定

 

Copyright(C) 2005 TOKYO KOKI TESTING MACHINE CO.LTD. All rights reserved
当サイトに関するご質問は WebMaster までお願いします。