株式会社東京衡機試験機
横型引張試験機 HT-200SIV Horizontal Tensile Testing Machine PDF プリント メール

横型引張試験機 HT-200SIV
チェーン・ワイヤー・ロープ等の引張試験機










試験体が横に長く、伸びの大きいチェーンやワイヤーロープ、そのほか各種ロープなどの引張試験を主な目的として作られた装置です。油圧チャックの装備も可能です。

オプションで「ワイヤーロープ用インゴットケース」、「ワイヤーロープ用モールドチャック」、「化繊・麻ロープ用チャック」などが用意されています。

画像は200kNの木材合板用ですが、この他にも金属用(チェーン・ワイヤー)や繊維関係(ロープほか)向けなどがあります。

(画像の製品はHT-200SV)

容量200 kN
試験力表示アナログ: 大型目盛盤「最小目盛:1/1,000」
デジタル: LED表示器「4 1/2桁(リセット機能付) ****.* kN」
変位表示デジタル: LED表示器「4桁(ゼロリセット機能付) ***.* mm」
最大引張間隔100~1,650 mm (ラムストローク含む)
支柱内側間隔500 mm
つかみ部 (W×L)180 x 600 mm (油圧開閉式クサビチャック)
ワイヤーロープ用つかみ具直径 10~25 mm
最大ストローク500 mm
制御方法

手動、自動「1)定速変位制御 (0.5~50 mm/min.)、2)定速試験力制御 (0.1~2.0 F.S/min.)、3)定速歪み制御 (0.1~50 %/min.)、4)JIS引張試験制御」

試験条件表示液晶表示(LCD) 40桁x4行 (バックライト付)
保存ファイル数: 最大 10x5、各試験モードの前回試験条件記憶
寸法試験機本体約 W 6,000 x D 800 x H 500 mm
動力計約 W 860 x D 800 x H 1,720mm
重量約 2,600 kg
電源3.5 kVA (三相 200/220V 50/60Hz)
 

Copyright(C) 2005 TOKYO KOKI TESTING MACHINE CO.LTD. All rights reserved
当サイトに関するご質問は WebMaster までお願いします。