株式会社東京衡機試験機
PCパイル曲げ試験機 PCB-1000P PDF プリント メール

PCパイル曲げ試験機 PCB-1000P


この装置は、PCパイルの実大の曲げ試験に用いられます。本体、動力計、曲げ治具(台車兼用)より構成されています。上部曲げ装置を含むクロスヘッドが両支柱のネジで昇降しますから異形パイルの連続試験も可能です。

荷重計測はP型動力計のほか、デジアナ2方式のD型動力計とも組合せることができます。なお、交番荷重装置、試験体搬送用電動台車も用意しています。



最大容量1,000 kN
ひょう量1000, 500, 250, 100 kN
ラムストローク300 mm
ラムスピード50 mm/min
クロスヘッド昇降スピード150 m/m
上下曲げローラー間隔650 mm
支柱間有効間隔1,000 mm
パイル最大径600 mm
下部曲げスパン10,000 mm
上部曲げスパン1,000, 600 mm
支点ローラーφ100 x 330 Lmm
電動機 油圧ポンプ用1.5 kW
電動機 昇降用1.5 kW
本機の大きさ約 4,400 x 1,200 x 2,580 mm
動力計の大きさ約 1,660 x 820 x 620 mm

 

Copyright(C) 2005 TOKYO KOKI TESTING MACHINE CO.LTD. All rights reserved
当サイトに関するご質問は WebMaster までお願いします。