株式会社東京衡機試験機
高強度型圧縮試験機 HAC-2000SIV PDF プリント メール

高強度型圧縮試験機 HAC-2000SIII
高強度コンクリートに対応した圧縮試験機


本機は、高強度のコンクリート圧縮試験に対応するためにフレーム剛性を高め、マイクロコンピュータによる自動負荷制御方式を採用した電気油圧サーボ式圧縮試験機です。

大型目盛式計測制御装置にて試験力がアナログとデジタルの両方で読み取れます。
外部出力によりデータ処理装置との接続も可能で、コンピュータ側から試験機を操作することができます。

オペレータによるデータ採取の個人差も解消され、統一した品質管理が行えます。

  • ・高強度コンクリート圧縮試験に対応した高剛性フレーム
  • ・自動試験による『JIS規格対応試験制御モード』を標準装備 (JIS A1108)
  • 『アナログ』指針、『デジタル』表示器による、試験力表示
  • 『オートセットアップ』ボタンによる、自動ゼロ調整機能
  • ・容量の『上位レンジ自動切換え機能』による、安心試験
  • ・爆裂防止のための『破断検出機能』付き
  • ・データ処理装置,、飛散防止カバー、ワンタッチ条件設定機能など、オプション群も充実

最大容量2000 kN
測定レンジ2000, 1000, 400, 200, 100, 40 kN (6段)
試験力表示アナログ: 大型目盛盤「最小目盛:1/1000」
デジタル: LED表示器「4 1/2桁(リセット機能付) ****.* kN」
最大試験力表示デジタル: リセット機能付き
変位表示デジタル: LED表示器「4桁(ゼロリセット機能付) ***.* mm」
支柱内側間隔500 mm
最大圧縮間隔325 mm
圧縮盤上部直径 220 mm (球座付き)
下部直径 220 mm
最大ストローク150 mm
最大ラムスピード約 30 mm/min(60Hz 無負荷時)
フレーム剛性高剛性フレームを採用
制御方法

手動、自動「1)定速変位制御(0.5~50 mm/min)、2)定速試験力制御( 0.1~2.0 F.S/min)、3)コンクリート自動圧縮制御 (JIS A 1108準拠)」

制御自動停止機能有り
試験条件表示液晶表示(LCD) 40桁 x 4行 (バックライト付)
保存ファイル数: 最大 10 x 5、各試験モードの前回試験条件記憶
寸法試験機本体約 W 910 x D 610 x H 1,725 mm
動力計約 W 860 x D 800 x H 1,722 mm
重量試験機本体約 2,600 kg
動力計約 400 kg
電源約 2.3 kVA (三相 200/220V 50/60Hz)
 

Copyright(C) 2005 TOKYO KOKI TESTING MACHINE CO.LTD. All rights reserved
当サイトに関するご質問は WebMaster までお願いします。