株式会社東京衡機試験機
SIV型動力計 SIV Type Control Console PDF プリント メール

大型カラータッチパネルで
試験条件の設定、試験画面のグラフ描画が見やすくなりました


試験力表示はアナログとデジタルを装備し、負荷過程の現象把握と正確な読取りをすることが出来ます。「オートセットアップ」機能により試験開始時のゼロ調整が簡単です。
自動制御パネルを垂直面上に配置し手元スペースを広くすることで、作業性の向上を図りました。

試験力レンジは6段切換えで広範囲な計測ができ、標準装備の自動制御モードにて各種試験を行うことができます。
試験結果(ロット内の最大、最小、平均値ほか)が動力計の液晶パネルに表示されますので、動力計単体での統計処理が可能です。また、データ処理装置(オプション)と接続することでパソコンから試験機の操作、試験条件、試験結果の管理もできます。

試験力計測方式高精度圧力セルによるシリンダ内圧計測
容量最大ひょう量の 1/1, 1/2, 1/5, 1/10, 1/20, 1/50 の6段
容量切換え

1) 試験力選択キー
2) 自動切換え機能による切換え

試験力表示

1) アナログ式: 最小目盛: 1/1,000、但し容量 300 kN、3,000 kNは 1/600
2) デジタル式: 4 1/2桁、kN 単位、リセット機能付き

試験力精度各容量の 1/5以上において指示値の ± 1.0%以内 JIS 1級
ラムストローク表示4桁 XXX.X mm
外部出力信号試験力: DC 0~5 V/F.S.、ラムストローク: DC 0~5 V/F.S.(任意設定機能付き)
伸び表示 

伸び計、アンプ(いずれもオプション)を使用の場合、ラムストローク表示器を兼用し、伸び(実表示又は%表示)に切換えて表示可能

自動制御パネル部最大応力計算、ロット統計処理(本数・最大値・最小値・平均・標準偏差)表示、試験条件: 最大50ファイル
自動試験制御標準定速試験制御、定速~ホールド試験制御、JIS引張試験制御
オプションコンクリート圧縮試験制御、サイクル試験制御、インターバル制御、ストローク2段切換制御
 

Copyright(C) 2005 TOKYO KOKI TESTING MACHINE CO.LTD. All rights reserved
当サイトに関するご質問は WebMaster までお願いします。