東京試験機ロゴ 試験機器の株式会社東京試験機
トップページ 新着情報 製品情報 会社案内 お問合せ・資料請求 [ 一画面前へ戻る ]


計装化シャルピー衝撃試験機
Electronic Measuring Charpy Impact Testing Machine
  CIEM-50


  特徴

荷重−変位曲線を求めて、破壊のメカニズムを解析する試験装置

製品画像   [JIS B7722]に準拠したシャルピー衝撃試験機で、吸収エネルギー値とともに荷重・変位、荷重・時間、変位・時間曲線の自動記録を行える試験機です。
試験機本体は手動、簡易電動、電動の中から選ぶことができます。
試験片の衝撃時に発生する衝撃荷重と、これによるひずみを電気的に検出しオシロスコープなどに荷重の時間曲線や変位曲線を記録・出力させることが可能です。
延性ソフトと脆性ソフトの二つの解析ソフトが付属します。

  主な仕様

ひょう量 50 J
ハンマー回転軸中心から打撃点までの距離 600 mm
ハンマー刃先半径 2 mm
ハンマー刃先角度 30 度
ハンマー持ち上げ角度 130 度
ハンマーの重さ 8 Kg
打撃点のハンマー速度 4.2 m/s
試験機の大きさ 約 W 390 x D 750 x H 1,100 mm


[ 製品情報へ ] [ お問合せ・資料請求へ ] [ 一画面前へ戻る ]

  Last Update : Dec., 1, 2005
Copyright(C) 2005 TOKYO TESTING MACHINE. All rights reserved