東京試験機ロゴ 試験機器の株式会社東京試験機
トップページ 新着情報 製品情報 会社案内 お問合せ・資料請求 [ 一画面前へ戻る ]


電動シャルピー衝撃試験機
  CI-500D


  特徴

ハンマーの持ち上げ・振り下ろしを電動化したシャルピー式衝撃試験機

製品画像
(画像の製品は安全カバー付き仕様)
  [JIS B7722]に準拠したシャルピー式衝撃試験機で、金属材料の靭性、脆性などの判定ができます。

ハンマーの持ち上げから切り離しまでの一連の動作をボタンスイッチひとつで行なう自動衝撃試験機です。ハンマーの振り上がり角度、吸収エネルギーをデジタル表示すると共にプリントアウトさせることも可能です。

  主な仕様

ひょう量 500 J
ハンマー回転軸中心から打撃点までの距離 850 mm
ハンマー刃先半径 2 mm
ハンマー刃先角度 30 度
ハンマー持ち上げ角度 145 度
ハンマーの重さ 37 Kg
打撃点のハンマー速度 5.5 m/s
試験機本体の大きさ W 500 x D 1,100 x H 1,440 mm


[ 製品情報へ ] [ お問合せ・資料請求へ ] [ 一画面前へ戻る ]

  Last Update : Dec., 1, 2005
Copyright(C) 2005 TOKYO TESTING MACHINE. All rights reserved